沖縄に応答する会@山形

「沖縄に応答する会@山形」議論を起こそう、行動しよう。

【いいかげん、もうやめよう。こんなの。】福本 圭介さんのFBから転載させて頂きました。

県民投票で示された沖縄の「民意」というのは、単に「辺野古反対」をいってるだけじゃないよ。

これは、本土のマジョリティに対する根本的な異議申し立てなんだよ。

わかってるかな? 本当にわかってるかな?
いったいこの国は、沖縄に何をしてきた? 沖縄戦で何をした? 知ってる?
本土が平和憲法を享受してる間、沖縄に何をした? 高度経済成長? そのころ沖縄はどうだった? それはどうして?
「復帰」以後もそうだよ。 何をした? 沖縄に何をした? 思い出せる? 

もし思い出せないなら、なんで、ぼくら何にも知らないんだよ! 

いま、政府が辺野古でやってることは、この国が150年、何も学ばず、何も反省せず、居直って、全てに嘘をついて、これからも同じことを継続していきますってことなんだ。

そんなこと、認められる? ぼくらも侮辱されてんだよ。沖縄に応答するという事は、ぼくらが自分で歴史に向き合って、それを終わらせるってことなんだ。

自分で自分を変えるということなんだ。いいかげん、もうやめよう。

こんなの。ぼくら、自分の愚かさに絶望した方がいいよ。

絶望の先にだけ、道がある。
自分で変わって行こう。
これはあなたと私の問題。
ぼくら、沖縄に応答する会です。


この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

コメントは受け付けていません。

ツールバーへスキップ